アクセサリーってこんな風にできている

アクセサリーの多くは、飾りになるパーツと留め具でできています。

「壊れた!」ともちこまれる修理の3割は、その飾りと留め具をつないでいる金属製の輪のようなパーツが外れた状態なのです。

当診療室にも週に5件は持ちこまれているこの修理、実はお家に「あるもの」があれば自分で簡単に直せるんです!

DSC03532

今日からあなたも アクセサリーDr.

つなぐ為の金属製の輪のことを、カン(環)といい、丸い形のものを「丸カン」アルファベットのCの形のものを「Cカン」とよびます。

DSC03536

カンが開いて外れてしまった場合は、カンが手元に残っていれば ペンチ2個をつかって閉じ直せます。

用意するもの

用意するものはペンチ2個。先の細いラジオペンチが使いやすく理想的です。100均で売っているものでOK!

DSC03513

ペンチが1個しかない場合は、コツがいりますがカッターでも代用できます。

DSC03516

簡単なので、つぎの写真の手順を参考に、丸カンの閉じ方を練習してみてください。

カンを閉じてみよう!

➀開いたカンの矢★の部分をペンチでそれぞれつかみます。

DSC0350601

ペンチが1個の場合は、ペンチでつかんだ丸カンをカッターの刃を折るすきまに差し込み、固定してもう片方のペンチの方を動かし合わせてください。

DSC03496

➁矢印の方向へ曲げて両はしをあわせます。

DSC03506

一度で両はしをぴったりとつけることが出来た方は天才です!初めてのときは、両はしをつけたつもりでもペンチをはずすとどうしても隙間ができてしまいます。

これは金属特有の元に戻ろうとする性質で、ちょうどで手を離さず通りすぎるくらいまで曲げると、よい具合にもどって合います。

YouTube動画でおさらい

実際に修理してみよう!

では実際につなぎたいパーツとパーツを入れてペンチで閉じてみましょう。

DSC03523

丸カンが開いて外れたピアスを直してみます。

DSC03522

まず、つなぎたい向きに丸カンに通し、練習と同じように両端を合わせます。

表と裏のあるパーツは、カンに入れるときの向きを注意しましょう。

DSC03525

ゆっくり落ち着いてあわせましょう(^。^)

DSC03527

うまく閉じられましたか?

練習のときのカンだけで閉じるより、つなぐパーツをいれた時のほうがペンチの先のつかみしろがすくないので、難しく感じますがゆっくり落ち着いてすれば必ずできます。

先が細いペンチだと、手元も見えつかみやすいので作業がしやすいです。

またよくあるお悩みで、イヤリング金具が耳にあわず我慢しているかたも、金具を変えるだけで解消するケースも多いので、この方法で金具を変えてみましょう。

イヤリングが痛いときの解決方法

パーツや専用ペンチは手芸屋さんで揃います

カンパーツが無くなってしまっていても、だいたいの手芸屋さんで手に入ります。カンには色んな大きさと形があるので、より扱いやすい大きめの丸カンを使って直しても大丈夫です。ただし大きなカンは開きやすいので太め(0.8mm以上)のものを選ぶと安心です。

最初は、両手で使い慣れないペンチを扱うのは難しく感じますが、いくつかこなすと案外かんたんに習得できますのでぜひトライしてみてください。

男性はつかむ力が強く、ペンチの先にある滑り止めのギザギザがつかんだカンの表面に跡がのこりやすいので気になる方は、ペンチの先にセロハンテープなどを巻いて保護してから作業すると仕上がりがキレイになりますよ。

DSC03532 DSC03531

こんなことも出来る!

ペンチを使ってカンを扱えるようになると、パーツが外れて使えなくなったアクセサリーが直せるだけではなく、ペンチでチェーンを短く切り端に留め金具をつけ直せばぴったりサイズにすることも。

DSC03534

DSC03535

また、使いにくい留め金具を自分ごのみのものに交換することもできます。

便利な留め金具のブログはこちら なるほど!金具を見直せばイイのね

カンの開閉ができるようになると、もう壊れてもあせらなくていいですよね(^。^)

男性にはとくにおススメです、習得すると彼女や娘さんに頼りにされて株があがりますよ!

 

自分でなんて、とうてい無理!という方は「アクセサリー診療室」へお気軽にご相談ください(^^)

全国どこからでも通販でお修理できる 「アクセサリー診療室」 はご相談見積りは無料です。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

こんなお店で修理しています!

アクセサリー診療室 グラスムーンの 実店舗のご案内

その他の修理パーツのブログ スワロフスキーエレメント

「アクセサリー診療室」の お修理実例