ペンダントについているスワロフスキーなどの石は、爪で留めてあったり貼り付けてあります。石がとれてしまった修理の多くはこの貼り付けタイプ。今回はそのとれた石も無くなってしまった実際の修理のケースをご紹介します。(福井市 K.Iさん)

スワロフスキーの石は同じサイズとカラーをご用意

ペンダントの石がとれて、石が無いのが気になり使えずしまったままになっていた K.Iさん。修理のきっかけは、知人の紹介でかわいいネックレスがあると実店舗のグラスムーンのことをききご来店、店頭で初めて修理のサービスがあることを知ってすぐにそのペンダントを持ち込まれました。

「とれて無くなった同様の石があるか不安だったけど、たくさんの種類のスワロフスキーの石の中にピッタリのものがあり、とても安い」と K. I さん 、当日にお修理サービスを申し込まれました。

石が無くなっていてもスワロフスキー貼りつけパーツは、過去に使われていたものも含め常時180種以上ご用意し、修理に対応しています。

今回使用した修理パーツの詳しくは スワロフスキー・エレメント をご覧ください。

事前に無料の見積りを行います

修理は、事前にお修理の方法と代金の見積りをし、ご了承いただいた上で行います。K.Iさんの場合のお見積りは、とれて無くなっている石がスワロフスキーの(SW#1028, size-pp13,クリソライトカラー) 2石を貼り付け加工でお修理を行う内容です。

ネックレスcase.001 ( 福井市 K. I さん )

ネックレスcase00111

↑ 修理前(左の馬蹄チャームの石が2石とれています)

 

修理代金は、

基本料金(2石の貼りつけ加工含む) 1,000円

追加のパーツ2石の代金 130円

修理代金合計 1,130円 ( 税別 ) 2014年8月現在

ネックレスcase00102

↑ 修理完了

再びとれないように修理する方法

実際の修理は、まず石がついていた枠の中をチェックすることから行います。それは枠の中に前の接着剤が残っていることが多く、そのまま貼ってしまうと納まりが悪く石が浮いてしまうからです。浮いたままの石は角がお洋服などにひっかかり、ちょっとした衝撃でとれてしまう原因にもなるので必ず、枠内の古い接着剤をきれいに取り除いてから、新たな石を貼り付けます。貼り付けに使用する接着剤も、2液混合型の衝撃に強いタイプを選ぶことで再びとれにくい修理を行います。

大好きなアクセサリーを長く愛用できる安心

初めて修理サービスを利用されたK.Iさんの感想には「大満足です。大好きなアクセサリーをこれからも長く愛用できるサービスがあるので安心です。ありがとうございました。」と有り難いお言葉をいただきました。

 

今回のように、ついていた石が無くなっていても元通りに直るのか心配なときは、

全国どこからでも通販で修理できる 「アクセサリー診療室」 にご相談ください。ご相談見積りは無料です。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

グラスムーンの修理について詳しくは アクセサリーの修理サービス をご覧ください

 

その他のネックレスや、アクセサリーのよくあるお悩みの事例や修理料金は お修理実例 をご覧ください

こんなお店で修理をしています

福井県にあるアクセサリー診療室 グラスムーンの 実店舗のご案内