メーカーで修理をことわられたスワロフスキーピアスの修理実例 | アクセサリー修理と販売 グラスムーン
アクセサリー修理サービスの通販と、福井県にある実店舗情報。アクセサリーの修理は10年以上の実績です。手作りビーズアクセサリーからジュエリーまで、豊富な材質・形状のパーツをご用意できます。どんな小さなことでもお気軽にご相談してみてください。
BLOG
  • HOME »
  • BLOG »
  • »
  • メーカーで修理をことわられたスワロフスキーピアスの修理実例

メーカーで修理をことわられたスワロフスキーピアスの修理実例

 「買って一度も使ってないのに、ピアスのパーツがとれて使えなくなった」との修理の実例をご紹介します。(東京都 M・Yさま)

スワロフスキー社製のピアスを購入し、購入した時点で既に折れていたので店舗へ相談しましたが修理できないと言われたそうです。他のリフォーム業者さんには折れた素材がチタンだったため「金・シルバー・プラチナ以外は修理不可」との回答で、当店にご相談いただきました。

こわれた原因をしらべる

未使用とのこともあり、こわれた原因はメーカーでの輪と棒の溶かし付けが不十分だったため折れてしまったと考え、充分な強度のある方法で修理が必要と判断しました。

特殊な金属の修理方法

素材がチタン製のため、通常の方法ではつけられないので、融点の高いチタンでも溶かせるレーザー加工の方法でつけました。

レーザー加工前↑

レーザー加工後↑

また、折れないように溶かしつけた部分にチタン材をさらに付け足し強化しました。

特殊な金属でも直せる

今回のような、アクセサリー素材としては珍しい金属の場合は加工機器を持っている工場へ依頼しないといけないため、一般的に自社で対応できない=修理できないと対応されてしまいます。

当店も初めてチタン素材を扱ったときは、特殊な金属でも加工ができる設備を持っている工場を調べ依頼を試みましたが、1個の加工注文は受けられないと断れました。今は全国からインターネットで修理を受け、交渉することで特殊な加工でも各専門工場の協力により出来るようになりました。

修理代金

修理代金  4,000円(税別)

(基本料金 2,500円+加工代金 1,500円)

加工方法:微細レーザー溶接

2018年1月現在

どこに相談しても直せないと断られたアクセサリーでもあきらめずご相談ください。

金属をはじめ修理につかう素材はさまざまですが、これまでの修理経験と各専門の加工技術で修理いたします。

お気に入りのアクセサリーは、あきらめる前に

全国どこからでも通販で修理できる 「アクセサリー診療室」 に、修理品の画像とともにお気軽にご相談ください。

ご相談見積りは無料です。

↑LINEでもお問合せできますよ↑ここをタップ

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

グラスムーンの修理の詳しくは アクセサリーの修理サービス をご覧ください

こんなお店で修理をしています

福井県にあるアクセサリー診療室 グラスムーンの 実店舗のご案内

その他のネックレスや、アクセサリーのよくあるお悩みの事例やお修理料金はこちらをご覧下さい

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

アクセサリー修理のお見積り

アクセサリー修理のお店のご案内

ad







PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.