アクセサリー修理サービスの通販と、福井県にある実店舗情報。アクセサリーの修理は10年以上の実績です。手作りビーズアクセサリーからジュエリーまで、豊富な材質・形状のパーツをご用意できます。どんな小さなことでもお気軽にご相談してみてください。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • お修理実例 »
  • 修理実例 ロングネックレスの金具がとれて使えない

修理実例 ロングネックレスの金具がとれて使えない

チェーンを留めていた金具がはずれた修理

「まだ買ってまもないのに、チェーンから金具がとれて使えなくなった」との修理の実例をご紹介します。(福井県 K・Nさま)

チェーンは鎖状ではなく、ロープタイプのもので、金具パイプの中に収まっていた端がぬけてしまったものです。

DSC02827

新たなパーツでの修理

ご自身でパイプへ入れてペンチで噛んでみたもののまた外れてしまった事情から、同色の新たなパイプ金具を使い接着剤も念のためいれてから、カシめて留めました。今回は普通に使っていての外れだったので、念のため反対のほうもチェックをしました。

DSC02831

また、フックとパイプ金具の間の輪のパーツが大きくシルバー色だったので、フックのレバーの操作性と引っ張った時に輪が開きにくいC型の輪に交換しました。

 

壊れていない部分も予防策を提案

今回の依頼と同じロングネックレスの修理は、今までの経験から丸い輪のとぎれている部分からチェーンが外れて切れる故障が多く、その事をK・Nさんに話すと快く交換の承諾をいただきました。

修理サービスを始めてから知った、普通につかっていても壊れやすいところはパーツ選びに問題があったりと、私たち作り手がまだまだ工夫すべきことが多くあると感じています。そんな経験から私たちは、壊れているわけでもない部分を交換する提案をさせてもらうことがあります。

DSC02832

修理代金  基本料金内 2,500円(税別)

使用パーツ:1.5mm用カシメパーツ、Cカン×2

2015年9月現在

長さのあるネックレスは知らず知らず何かあたっていたり、シートベルトの付け外しでもダメージを受けるときもあります。

飾り部分に重さのあるものや、セーターなどにひっかかる感じがするときはチェーンと留め金具の間のパーツが開いてきている心配があります。この機会にチェックしてみてください。

 

大切なアクセサリーの修理のご相談は、メールにてお気軽にどうぞ

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

その他のネックレスや、アクセサリーのよくあるお悩みの事例やお修理料金は こちら をご覧下さい

グラスムーンの修理サービスについて詳しくは こちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

アクセサリー修理のお見積り

アクセサリー修理のお店のご案内

ad







PAGETOP