貴金属じゃないから「直せない」とあきらめていたアクセサリー

haha

色とりどりのストーンが輝くスワロフスキー社製のアクセサリーは、キラキラとした輝きが素敵でみんな大好きですよね♡

しかし、お気に入りのアクセサリーほど使い込んで金具やチェーンが壊れたり、石が外れたり、とトラブルも多いもの。

ジュエリーショップでは直してもらえないことが多い、素材が貴金属ではないアクセサリー(スワロフスキー社製のほとんどのアクセサリー)は、修理をあきらめてしまう人が大半とききます。

ここでは、あきらめる前に修理できることを知ってほしくて、これまでの私たち「アクセサリー診療室」でよくあるスワロフスキー社製アクセサリーなどの修理実例と長持ちさせるコツをあらためてご紹介しています。

 

よくある その1〝キラキラストーンがとれちゃった〟

意思が取れたので入れ直したい

修理実例 スワロフスキーの石がとれて無くなった ペンダント

直せます!金具と石もとれたイヤリングの修理実例

長持ちのコツ★石がとれたアクセサリーの修理実例と気をつける点

 

よくある その2〝ネックレスのチェーンが・・・〟

アクセサリーのお修理サービス

修理実例 ロングネックレスの金具がとれて使えない

修理実例 ネックレスの糸が切れて バラバラになってしまった

ネックレスのチェーンが長すぎて格好わるい

長持ちのコツ★メッキのアクセサリーを上手に楽しむ「3つの約束」

 

よくある その3〝金具が壊れてつかえない〟

DSC0180533

修理実例 イヤリング金具のバネがゆるくてつけられない

スーツにつけようとしたら ピンバッチがこわれた!

長持ちのコツ★スーツやジャケットにおしゃれ ピンバッジの正しい使い方

壊れてないけど〝 こんなお悩みも解決〟

DSC03071

なるほど!金具を見直せばイイのね

痛くない イヤリングは金具に〇〇な秘密が!

おうちでできる応急処置★「〇〇〇」が2こあれば アクセサリーの修理は自分でできる!?

 

もう使えないと あきらめる前に

修理実例はほんの一例でしたが参考になりましたか?

本当にお気に入りのアクセサリーは壊れてもあきらめずいつまでも楽しみたいものですよね。

アクセサリー診療室グラスムーンでは、人気のスワロフスキー社製などのブランドアクセサリーも、皆さんの「また使いたい」の声にお応えできるよう日々さまざまな修理に取り組んでいます。

壊れてもあきらめず ぜひお気軽にご相談ください。お見積もりは無料です。

【来店】でも【通販】でもOKの アクセサリーの修理サービス

グラスムーンのホームページは こちら