イヤリングが痛くて、金具をゆるめたら落として無くしちゃったってことありませんか?

耳たぶが薄くてきつめにつけたり、福耳できつかったり。。。

イヤリングは耳たぶをバネの力で挟んでつけるから長い時間つけてると痛くてついつい押さえる金具をゆるめて落とすんですよね。

デザインが気に入って買ったものや、ネックレスとお揃いのものは無くすとショックです。

買ったものでも、落とす前にできる対処方法を知りイヤリングをもっと快適に楽しみましょう。

あなたの痛いイヤリングの金具はどっちのタイプ?

金具のタイプ別に対処法を知りましょう。

押さえる力を調節できるタイプの金具は、シリコン製のキャップ(市販のもの)をつけるとゆるめても落ちにくくできます。

DSC03583

調節できないタイプは、キャップで落ちにくくすることはできますが痛みの改善は難しいタイプ。

dsc03581

そんな時は、金具ごと痛くならないものにかえてしまう方法があります。

痛くなりにくい留め金具

痛みの原因のバネの力で挟む金具ではなく、耳たぶに挟んだまま留まるニュータイプの金具なら大丈夫。

イヤリングにシリコンゴム取り付け

耳たぶの厚さも関係なく留まるので安心です。重いイヤリングの場合はさらに滑り落ち防止のシリコンキャップもつけられます。

ぶら下がるデザインのものはパーツが市販されているので自分で取り替えることも可能です。

自分で金具を取り替える方法は 「〇〇〇」が2こあればアクセサリーの修理は自分でできる!? をご覧ください。

 

耳たぶに直接飾りがついているデザインで、金具が取り外せないものは自分では替えられない場合があります。

そんな時もアクセサリー専門の修理をあつかっているところで替えられます。

イヤリング金具の交換修理サイト アクセサリー診療室の修理サービス

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

自分で金具が交換できないときは

金具を自分でかえるなんて、とうてい無理!という方は「アクセサリー診療室」へお気軽にご相談ください(^^)

これまでに同じ悩みでご利用いただいた方のアンケートでも、もっと早く知っていればとのお声もいただいています。

 20160901212606902

痛いまま我慢したり落として無くさないように、あなたのイヤリングも快適にしませんか。

痛くならないイヤリングにするためにどうすればよいかわからない方や自分で金具が交換できないときは、お気軽にお悩みをご相談ください。

ご相談見積りは無料です。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

イヤリングの修理実例は イヤリング金具のバネがゆるくてつけられない をご覧ください。

その他のアクセサリーの修理は お修理実例 をご覧ください。

 

福井県にあるアクセサリー診療室 グラスムーンの 実店舗のご案内

ご来店が可能な方は痛くなりにくいイヤリング金具のご試着もお気軽にどうぞ!