針が1本で自由につけられるピンバッチは、カンタンにあなたをおしゃれにみせるすぐれものです。

ポイントは3つ、選び方、つける場所、あなたらしいアレンジ。

ここでは今すぐおしゃれに見えるピンバッチ活用法とあなただけの技ありアレンジ法をご紹介します。

①期待をうらぎるデザインを選ぶ

ピンバッチというとジャケットに左襟につける社章が思い浮かびますよね。

その王道ポジションに、あえて洒落っ気たっぷりな個性的なものを選ぶと、さりげないおしゃれアピールができます。

dsc038271jpgdsc038251

②つける場所でおしゃれ度アップ

定番ジャケットの襟以外にも、シンプルなトップスやカーデのアクセントにつけたり

P1090215

かばんや帽子などの小物にも

dsc038361dsc038351

dsc038491

細部にも気をつかうおしゃれさんにみせます。

③ピンバッジをカスタマイズして差をつける!

今あるピンバッジにさらに飾りをつけてグレードアップしてみましょう。

クロスのピンブローチに裏留め金具をとめる時に、ぶら下がる飾りを針に差し込みつけると・・

dsc038191dsc038201

dsc03823

こんなにおしゃれなピンバッジに早変わりします。

つけたす飾りは、針に刺せるものなら大丈夫。片方だけになったピアスの飾りも有効活用できますよ。

dsc038171dsc038151

dsc038221

もし付けたしたいものが手に入らない場合ても、オーダーで今持っているピンバッジにつけたい飾りだけを購入することもできます。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

 

ピンバッジのおしゃれ技3つのポイントはいかがでしたか、

あなたもピンバッチをつかって、おしゃれ度をアップさせてみてください。

 

アクセサリー診療室では、ピンバッジのおしゃれカスタマイズや壊れたお修理のご相談をお受けしています。

壊さないための正しいピンバッチの使い方 もぜひご覧下さい。

ピンバッジ、ピンブローチの実際の修理は スーツにつけるピンバッチの修理実例  をご覧ください。

お気軽にメールにてご相談ください。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

ピンバッジのオーダーや販売をしている実店舗「アクセサリーブティック グラスムーン」の詳しくは 実店舗のご案内 と 店舗へのアクセス よりご確認ください