シルバーアクセサリーが変色して黒くなってしまった・・・そんな経験はありませんか?

シルバーは、プラチナや金とは違い、普通に使っていても空気中の硫化ガスや、塩素と化学反応を起こし、変色する素材です。
これを「硫化」や「塩化」といいます。
変色の原因を知って、正しくお手入れをすることで、シルバーアクセサリーをいつまでも美しく使いましょう。

12月_タンザナイト422

シルバーの変色は汗が原因じゃない

①シルバーアクセサリーの「変色」の原因は、ほとんどが汗による「酸化」ではなく、空気中の硫化ガスによる「硫化」が原因なんです。

「硫化」というと難しい言葉にきこえますが、私たちの身の回りにたくさんあるものです。

よく温泉に外さず入って、シルバー製のチェーンが真黒になったときく話、②それは温泉の成分の硫黄が「硫化」をおこし変色させたもの。

反応の軽い場合は「黄色」、次に「茶褐色」としまいには「黒色」となります。

温泉へ行く時は外せばいいのですが、他にも注意が必要なときがあるので、身近なものから紹介します。

身の回りの変色をおこすもの

美容室で使うパーマ液、④ゴム製品(輪ゴムなどの合成品も含む)、これは実は買ったときに入っていることが多い宝石箱も危険なんです。スポンジなどを接着するのに使われている接着剤がゴム系が多く、シルバーには不向きなのです。保存に使っている場合は、箱から出してシルバー製品専用の保存袋に入れましょう。

また、毎日の生活に欠かせない⑤車から出る排気ガス(亜硫酸ガス)などにも反応しています。女性の日常的に使う⑥化粧品やシャンプー、⑦台所用洗剤の主成分の界面活性剤(アルキルエーテル硫酸)にも含まれています。

変色を完全に防ぐことは困難ですが、「硫化」の変色は、市販のシルバークリーナーで元に戻すことができます。

やっかいな「塩化」変色

⑧次に、最も注意してほしい塩素と化学反応した「塩化」変色です。

色は「硫化」よく似た「茶色」から次第に「黒」になるため、変色後は見分けがつきませんが、クリーナーでも取れないため変色した表面を研磨剤で磨きとるか、特殊な化学反応で除去する方法しかありません。

チェーンなどは表面は磨けても、つながっている内側は磨けないためムラが残るので充分気をつけましょう。

面倒な「塩化」をおこすものは、⑨家庭用の漂白剤、⑩ドライクリーニングから帰ってきたお洋服です。

できるだけそばには近づけないよう注意してください。

海水にも弱くですが塩化反応が出るので、外したほうが安心です。

おすすめの保存方法

先にあげた避けたいものの多くは匂いのあるもの、変色の原因となる硫化も塩化も目に見えないガスですが、この「匂い」が特徴なのでそれを遮断できるもので包むことが重要です。

市販のシルバー専用の保存袋が安心です。すぐできる簡単な方法は、スーパーでも売られている食品用ラップの匂いうつりが少ないとされている「ポリ塩化ビニリデン製」のものに包み、変色を強めてしまう光(紫外線)が当たらない紙製の箱などに保管しましょう。※同じラップでも塩化ビニール製のものは、逆に変色してしまうので気をつけて選んでください。

変色してしまったら

空気中の硫黄などが原因の「硫化」の軽い変色には液体クリーナーがおすすめです。
シルバー製品を液体クリーナーに10秒ほどつけて水で洗い流すだけで簡単にお手入れが出来ます。※宝石が付いているジュエリーは使用上の注意をよく守り行ってください。

「塩化」での変色は、シルバー専門店に相談することをおすすめします。

変色を防ぐ加工

変色をクリーニング後に特殊なメッキをかけることで、一時的に防ぐこともできます。メッキもを施したアクセサリーは、明るい銀色から少し暗く青みのかかった銀色になります。メッキ膜が傷や摩擦ではがれた場合は、変色する可能性があります

なかなか、美しいまま使うには気をつけることが多い素材ですが、一方で「シルバーアクセサリー」は、100年以上前のアクセサリーでも正しいお手入れをすれば、いつでも作ったときそのままの状態に戻すことが可能とされています。それは銀が、金・プラチナよりも光の反射率が優れていて、磨けば金属中でも最高の輝きとされているからなんです。

本来のシルバーの輝きを楽しむためにも変色してもあわてず、心当たりの原因から正しいクリーニング方法を選び、輝きを蘇らせましょう。

「アクセサリー診療室」でも シルバーアクセサリー のクリーニングのご相談をお受けしています。

ご相談はお気軽にどうぞ こちら へ