誕生石を使ったクラフトアクセサリー

グラスムーンでは、誕生石をもっと気軽に楽しんでいただければと、誕生石でクラフト感あふれるデザインのアクセサリーをつくりご提案しています。

そもそも誕生石とは、ヨーロッパの誕生日の儀式からという言い伝えがあります。当時のヨーロッパではケーキのローソク(齢の数)を吹き消し、グラスをカチンとぶつける音で邪気をはらい、自分を守る力があるとされている誕生石の宝石をつけ祝ったとされています。その12の宝石はさらに昔、紀元前の占星術の12星座の神々の持っている石が言い伝えの源とか。美しさで昔から人々に愛されてきた宝石。なかでも、特別な意味をもつ誕生石にはたくさんの愛され続けるわけがありそうですね。

毎月、この12ヶ月の誕生石それぞれのもつ魅力とハッピーな言い伝えもご紹介させていただきます。

9月の誕生石「サファイア」は「ルビー」と兄弟?!

images

青 を意味するラテン語のSapphirus(サフィルス) はサファイアの語源であることからも、青い宝石といえばサファイアですね。古代ペルシャ人は、この世界は巨大なサファイアの上にあり、空が青いのはサファイヤの色が反射してるからと信じていたそうです。神話や言い伝えも多く、多くの人々に愛されるサファイアですが、実はサファイヤはブルーだけではなく、イエローやピンク、グリーンや透明のものまであり、赤みの強いものはルビーとよばれます。そうなんです、1800年に証明された事実 ルビーとサファイアは同じ鋼玉(コランダム)という鉱物の変種で、もとは同じ石が、中に混ざった成分によりいろんな色のサファイアが存在するのです。ちなみに代表色のブルーはチタンの成分によるもので、産地により青の色味もさまざまです。

サファイアの人気は、その美しい色ともう一つ堅さがあります。ダイヤモンドは言わずと知れた1番堅い宝石、次にあげられるのが実はサファイアなんです。その頑強さから、サファイアを身につけると良いとされる様々な言い伝えがあります。次ではサファイアの内なる魅力についてご紹介します。

【 知性を増し誠実な愛 】の石、サファイア

古代ペルシャでは大地ともたとえられたサファイアは、イスラエルの旧約聖書でも十戒が彫られた石版として登場します。神に近いとされていたサファイアは、聖職者が身につけるにふさわしい賢者の象徴の石とされていました。現代の今でも、その信心はキリスト教のローマ法王や大司教の指に飾られ続けていることでもわかります。同じように身につけることで知性を増し、邪悪な考えを消しさり誠実な愛の気持ちを育むとされるサファイア。石の強固さから、恋人や夫婦の絆を強める信じられ愛する人へのプレゼントとしても人気があります。ただ、パートナーが浮気をすると光沢が失われるという説もあるので、受け取るときこそ誠実さが必要なのかもしれませんね(笑)

サファイアのクラフトアクセサリー

そんな高貴なイメージをもつサファイアをつかって、デイリーに楽しんでいただけるアクセサリーをお作りしました。

DSC01500

サファイア ロングネックレス

9,500円( 税別 )

使用パーツ:サファイア、アベンチュリン、樹脂パーツ、チタン製パーツ(チェーン、Tピン)

※金具はすべてチタン製の金アレさん対応アクセサリーです。

グラスムーンの金アレさん対応アクセサリーのこだわりはコチラ

天然石のアクセサリーをおしゃれにコーデ!

襟のあるベーシックな白いシャツにダークトーンのロングネックレスは、おしゃれな大人カジュアルの定番コーデ!

特にプレシャスな天然石づかいのものは、あなたを上品な印象にし知性的な魅力もきっと高めてくれるはず。

 

天然石をつかったクラフトアクセサリーのことは実店舗アクセサリーブティック グラスムーンにお気軽にご相談ください。

アクセサリー修理のお問い合わせはこちら

 実店舗のご案内は こちら

アクセサリーの修理サービスも承っています

くわしくはグラスムーンのホームページの こちら よりご覧下さい